エヌ ボックス マイナーチェンジ 2019。 【ホンダ新型N

2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

個性的な車を求める人には合わない N-BOXは、2015年から2018年までの4年間にわたり軽販売台数でトップを記録したベストセラーカーで、2019年上半期時点で22ヶ月連続新車販売台数第1位にも輝いています。 現在新型モデルが販売開始になっています。

6
2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

いっぽうダイハツ タントは、この7月で発売後1年が経過する。 N-BOX G・スロープ Honda SENSING FF:1,575,640円、4WD:1,696,640円• 元々かなり充実していた「N-BOX」ですが、今回のマイナーチェンジにより更にその充実度が向上し、軽自動車モデルとしては圧倒的な販売台数を記録してきましたが、この記録はまだまだこれからも伸びていくかもしれません。 運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

12
2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

より個性をアップする「コーディネートスタイル」を新設定• 現行N-BOX N-BOXカスタム 空間効率を最大限にするため、新設計の「Nシリーズ共通プラットフォーム」に加え、フィットに用いられたセンタータンクレイアウトをホンダの軽自動車で初めて採用した。 ワイルドでエッジの効いたN-BOXカスタムのデザインが好評だけに、大幅なイメージの変更はないと予想します。 スポンサードリンク ホンダ改良新型N-BOX マイナーチェンジ後の見た目や内装の変更点は? ホンダセンシングの全車速対応アダプティブクルーズコントロール• 標識認識機能 標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

13
2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

まずはディーラにて新たな情報が入り次第、早急に当ブログにて展開していきたいと思います。

14
2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

【インテリアカラー4】トレッキング スタイル グリーンやウッドのイメージカラーでまとめた、アウトドアスタイルです。 Honda SENSINGの衝突軽減ブレーキは自転車にも対応し、夜間の歩行者検知の精度を向上。 新型N-BOXの価格帯 新型N-BOXには、「ベンチシート仕様・スーパースライドシート仕様」「NA仕様・ターボ仕様」と、大きくわけて4つのグレードが存在します。

2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

価格は1,428,900円~2,233,000円となっています。

2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス 2019 マイナーチェンジ エヌ ボックス

また、「N-WGN」にはない機能が「N-BOX」に追加されるとのことなので、分かり次第お知らせしていきます。 今回追加したコーディネートスタイルは、従来の2トーンカラーに加え、ホイールやインテリアも専用に仕上げることで更なる高級感を演出しています。 スーパースライド仕様は助手席が57cm前後し、助手席を後ろにずらせば座りながら後席のお子さんのお世話をしたり、さらに席を前にずらすと後席から運転席へシームレスに移動することが可能です。