キネマ 旬報 ベスト テン。 キネマ旬報「1980年代映画ベスト・テン」の1990年版と2018年版を見比べる:スローリィ・スローステップの怠惰な冒険

テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

巻末の新作映画紹介は詳細なスタッフ、キャスト表に加え大部分はストーリーの結末まで記されており、刊行期間の長さと相まって巨大なデータベースとなっている。 「居残り佐平次」「芝浜の革財布」「品川心中」といった古典落語をミックスさせ、 テンポの良い喜劇に仕立てた。

20
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「傷だらけの山河」• 「浪花の恋の物語」• 「舶来文明街」• 「 幼な子われらに生まれ」• 「トキワ荘の青春」• 「越後つついし親不知」• 邦画選出基準 1980年以降10億円以上の映画3本以上に主役(級)で出演した俳優を対象に、その該当映画の配給収入の合計順にランキングする。 「おはん」• 「純愛物語」• 「光る女」• 「八日目の蝉」• また、日活映画の最高傑作の一つとされる。 「眠る男」• 「 彼女の人生は間違いじゃない」• おすすめの感動映画や不朽の名作、昭和・平成を代表するコメディ、サスペンスなどが勢ぞろい。

テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「利休」• 「にっぽん泥棒物語」• 「風雪二十年」• 「誘拐報道」• 「人間蒸発」• ドキュメンタリータッチで展開される重厚なドラマ。 「もののけ姫」• どの選出委員がどの作品に投票したか、またその選考理由については、毎年2月上旬に発売されるキネマ旬報の特別号にて公表される。

テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「学校2」• 「裸の十九才」 年 1位(作品賞) 2~10位 1969 「 心中天網島」• 「今ひとたびの」• 【新人女優賞】木竜麻生(「菊とギロチン」)• 「警察日記」• 「華岡青洲の妻」• 受賞者に手渡される現在のトロフィーは、「乱」でアカデミー賞衣裳デザイン賞を獲得したワダエミさんによるデザイン。 は、にが後述の選出基準でマネーメイキング・スターを選出したリストである。 「 あゝ、荒野(前篇/後篇)」• 「渚のシンドバッド」 1994 「 全身小説家」• 「東京夜曲」• 「源氏物語」• キネマ旬報日本映画年間ベストテン(1961年~1970年) キネマ旬報日本映画年間ベストテン(1961年~1970年) 1961年ベストテン 第1位 不良少年 (未見) 監督:羽仁進 第2位 監督:黒沢明 第3位 監督:木下恵介 第4位 監督:小林正樹 第5位 監督:松山善三 第6位 監督:伊藤大輔 第7位 あれが港の灯だ (未見) 監督:今井正 第8位 はだかっ子 (未見) 監督:田坂具隆 第9位 飼育 (未見) 監督:大島渚 第10位 監督:市川崑 1962年ベストテン 第1位 私は2歳 (未見) 監督:市川崑 第2位 監督:浦山桐郎 第3位 監督:小林正樹 第4位 監督:市川崑 第5位 監督:黒沢明 第6位 人間 (未見) 監督:新藤兼人 第7位 監督:勅使河原宏 第8位 監督:小津安二郎 第9位 にっぽんのお婆ちゃん (未見) 監督:今井正 第10位 監督:吉田喜重 1963年ベストテン 第1位 監督:今村昌平 第2位 監督:黒沢明 第3位 監督:田坂具隆 第4位 監督:市川崑 第5位 監督:今井正 第6位 監督:川島雄三 第7位 彼女と彼 (未見) 監督:羽仁進 第8位 母 (未見) 監督:新藤兼人 第9位 監督:堀川弘通 第10位 監督:浦山桐郎 1964年ベストテン 第1位 監督:勅使河原宏 第2位 監督:小林正樹 第3位 監督:木下恵介 第4位 監督:今村昌平 第5位 監督:内田吐夢 第6位 監督:今井正 第7位 監督:山本薩夫 第8位 監督:豊田四郎 第9位 監督:今井正 第10位 われ一粒の麦なれど (未見) 監督:松山善三 1965年ベストテン 第1位 監督:黒沢明 第2位 監督:市川崑 第3位 監督:熊井啓 第4位 監督:山本薩夫 第5位 証人の椅子 (未見) 監督:山本薩夫 第6位 監督:田坂具隆 第7位 恐山の女 (未見) 監督:五所平之助 第8位 監督:羽仁進 第9位 悪党 (未見) 監督:新藤兼人 第10位. そして、二人は島根県の亀嵩へ行き着く-。

5
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

人魚伝説(1984) (キネマ旬報2019年1月上旬号より) 「なんと、1位は森田芳光の『家族ゲーム』になりましたか」 「90年度のベスト・テンでも、読者選出の方では『家族ゲーム』が1位だったんだよ。 「大阪物語」• いずれも百人を超える評論家や研究者、ジャーナリストがアンケートに回答、それを一位十点、二位九点・・・と集計した。 「サウダーヂ」• 映画評論家や映画監督・脚本家らの業界関係者などが投票し、キネ旬が集計しました。

20
テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「大誘拐 RAINBOW KIDS」• 【1930年代】• 「母と暮せば」• 「深い河」• 「 太陽を盗んだ男」 (1979年) 中学校の理科の教師が自家製の原爆をつくり、それをネタに政府を脅迫するという大胆なドラマ。

テン ベスト キネマ 旬報 テン ベスト キネマ 旬報

「西鶴一代女」• それに『カメレオンマン』は ビデオ版の日本語吹替が良くできていて、本当にNHKで放送される海外ドキュメンタリー風に仕上がっていたんだよ。 「マークスの山」• 主演・松田優作の演技も絶賛された。 「愛のむきだし」• 「書を捨てよ町へ出よう」• 「探偵はBARにいる」 2010 「 悪人」• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 【1920年代】• 「母」• 「人生劇場 青春篇」• 「日本列島」• 「ヒーローショー」• 「ここに泉あり」• 国際的にも高い評価を受け、カンヌ国際映画祭の審査員特別賞を受賞した。

17