源氏 物語 北山 の 垣間見 現代 語 訳。 源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳(11/14ページ)

語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見 語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見

かかれば、 このすき者どもは、かかる歩きをのみして、よくさるまじき人をも見つくるなりけり。 」です。

語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見 語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見

ここ、音便がいっぱいでてますね。 見え=ヤ行下二段動詞「見ゆ」の連用形。

5
語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見 語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見

前回は、いつも通り、全体の解釈を行いました。 かな=詠嘆の終助詞 尼君、「なんとまあ幼いことよ。

14
語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見 語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見

この上 かみの聖の方 かたに、源氏の中将の、瘧病まじなひにものし給ひけるを、ただ今なむ聞きつけ侍る。 尼上には、「問題を取り上げて下さらなかったご様子に気後れしてしまい、思っていることを、十分に申し上げられないままになってしまいましたものを。 そのあとは、少女の描写。

11
語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見 語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見

若紫は、間もなく祖母の尼君とも死別して、父兵部卿宮 ひょうぶきょうのみやと継母 ままははの北の方のもとに引き取られそうになる。 訳す際にはあまり気にしなくてもよい。

17
語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見 語 源氏 物語 北山 の 訳 現代 垣間見

なので、敬語を勉強したい人は、こちらをどうぞ。

20