白々 しい。 田中香涯「医学上より観たる大塩中斎」7

しい 白々 しい 白々

脱衣癖のある躁病の能力者。

2
しい 白々 しい 白々

その校舎は「コ」 の字型で僕と彼女の教室は向かい合っており 僕が廊下側の 席になり、彼女の席が窓側になると顔が見えていた。 前者の例文は「本心からでないことや、偽りであることが明らかなさま」の意味で、後者の例文は「明らかなさま。

15
しい 白々 しい 白々

多忙で多趣味。 肉食で偏食。

4
しい 白々 しい 白々

maqlu A 燃えて burning いる mAx 燃やす to burn 高熱で to smelt 溶かす 燻る to smolder 燃え方 をする Abx 燃やす to burn 水の泡と 同じ現象 消えて 無くなる Akkadian Dictionary by Association Assyrophile de France Middle Egyptian Dictionary 2018 Mark Vygus 13. ヒエログリフとアッカド語のアルファベット 表記は次の通りです。

14
しい 白々 しい 白々

沖縄方言では「maqulu=マックルー」と言い ます。 うれしくも 東京版に、雪のふりいず かけめぐる夢の枯原かぜおちてしづかに人は眠りましたり (旅に病みて夢は枯野をかけめぐるー) 向日葵は金の油を身にあびてと高し日のちいささよ (老いらくの恋) 相触れて帰りきたりし日の天の怒りの春雷ふるふ しらたまの君の肌はも月光 つきかげ のしみとほりてや今宵冷たき 馬追虫の髭のそよろに来る秋はまなこを閉じて想い見るべし 尾山篤二郎 いふ甲斐もあらぬわれかなとなげきつつ赤き野にきたりけり 明石海人(者) われの眼のついに見るなき世はありて昼のもなかを白萩の散る 三ヶ島葭子 君を得たるよろこびなれど新しくおのれを得たる驚きぞする 窪田空穂 (一年、中国戦線で生死不明の子に) 親といへば我ひとりなり茂二郎生きをるわれを悲しませ居よ 窪田章一郎 弟の臨終 いまは のあはれ伝え得る一人の兵もつひに還らず バルの湖に立つ蒼波のとはに還らじわが弟は 灯を消して寝に就く子らに声をかくわれも父よりされしごとくに をかしたるこのあやまちも見ぬごとくいましし父に導かれきし ちかぢかと夜空の雲にこもりたる巷のひびき春ならむとす 怒るべきものを怒れといにしへの像ひとつ立つ 著書一つ成りしあとのさびしさに書評のいくつ胸に沁むなり おとろえずながき命の末にして一人の歌を遂げし 葛の花 ふみしだかれて、色あたらし。 「夜」も「y=yo=ヨ= 否定」で「ル=炉=燃えている色 =rh」になります。

しい 白々 しい 白々

それをバックにおしゃべりする二人の親子。