ハタハタ レシピ。 しょっつる鍋 (ハタハタ鍋)の作り方

レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

ハタハタ寿司が温まったことで柔らかくなり、表面のぬめりもほど良く取れていました。

4
レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

割り箸は割らずに使うと、エラを挟む時に便利です。 白菜、豆腐:一口大の角切り 椎茸、えのき:石付きを取る 長ネギ:斜め切り 人参:輪切り 型抜き 壷抜きで内臓を取り除いたハタハタに、サッと熱湯をかけます。

4
レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

ハタハタは一口大の大きさに切ります。 ハタハタ寿司を好まない人の気持ちは分かった 郷土料理ならではのくせを感じるものの、意外と美味しく食べられました。

レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

干しか(肥料)などに加工されて、北前船で西日本にも運ばれていた。 そこで、ハタハタ寿司について調べると「焼いたら美味しい」という情報が見つかったので試してみると、確かに身が柔らかくなり食べやすいです。 ハタハタの重さを量り、各調味料の分量を決めます。

レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

鍋に出し昆布を入れ30分くくらい浸けておきます。

レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

ハタハタを綺麗に洗い、たっぷりの水に1日浸け、塩抜きをします。

レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

ここで残っていた内臓を綺麗に取り出します。 割り箸で両方のエラを挟むようにして、奥まで入れます。 指でエラを摘んでから口を開けます。

レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

近年では秋田県だけではなく、北海道、山陰、北陸などで漁が行われ、関東などでも比較的廉価に手に入るようになっている。 ウロコはなく、口が上を向いている容姿が特徴的なんですよ。

16
レシピ ハタハタ レシピ ハタハタ

小さ目のハタハタが15~20匹くらいです。 まさか、ハタハタ寿司を初めて食べるのが今日になるとは思いませんでした。 これを鳥取県がブランド化したもの。

6