ボルタレン サポ 50mg。 小さい坐薬にしてください(ボルタレンサポ50mgのサイズについて)

サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

残念ながら 飲み薬や座薬は市販では販売されていません。 〕 腎血流量が低下しやすい患者〔心機能障害のある患者、利尿剤や腎機能に著しい影響を与える薬剤を投与中の患者、腹水を伴う肝硬変のある患者、大手術後、高齢者等では有効循環血液量が低下傾向にあり、腎血流量が低下しやすいので、腎不全を誘発するおそれがある。

8
サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

患者の属性に応じた注意事項• 原則として同一の薬剤の長期投与を避けること。 高熱を伴う幼小児 0歳〜14歳• 妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) トリアムテレンを投与中の患者(「3. 103• 重篤な高血圧症• 7.感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染による炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に投与する。

10
サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

ウイルス性疾患の小児• 9).その他:(頻度不明)発汗、脱毛、血管炎、(0. 重篤な肝障害があらわれることがあるので、患者の状態を十分に観察すること。 ボルタレンサポの市販薬はない ボルタレンの有効成分であるジクロフェナクナトリウムを含んだ製品は、飲み薬(錠、カプセル)、坐薬、貼り薬(テープ)、塗り薬(ゲル、ローション)の計6製剤がそろっていますが、この中で市販薬があるのは、貼り薬と塗り薬です。

サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

クローン病• ボルタレン錠、ボルタレンサポは1日1~2回、頓用することが可能です。

サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。

10
サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

回答:坐薬は早く効いて、副作用が少なく、1歳から使える 痛み止めの『ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)』には、飲み薬である錠剤やカプセルの他に、『ボルタレンサポ』という「坐薬(サポ:suppository)」があります。 5% 950円 税別• 本剤の腎プロスタグランジン合成阻害作用により、これらの薬剤の血圧低下作用を減弱するおそれがある。

15
サポ 50mg ボルタレン サポ 50mg ボルタレン

8.他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。

14