敵 を 知り 己 を 知れ ば 百 戦 危うから ず。 敵を知り己を知れば百戦殆うからず<孫子の兵法>(聞いた言葉シリーズ第205回目)

を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

敵情を知らず、自軍の実力すら把握できないで戦いに臨む者は、戦うたびに、必ず滅亡の危機にさらされる。

16
を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

そして、今回のテーマである「 敵を知り己 おのれ を知れば百戦殆う あやう からず」の元々の和訳は、「 彼 かれ を知り己 おのれ を知れば百戦 ひゃくせん 殆う あやう からず」です。 部活やスポーツ スポーツでは勝敗がはっきりしており、 「戦い」そのものと言えます。

18
を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

売上高の半分近くを稼ぎ出していたといわれるバーバリーとのライセンス契約が切れ、その後継ブランドとして「マッキントッシュロンドン」とまた新たにライセンス契約を結んだ。 また、頸に通じ、首筋の意の場合もある。

2
を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

攻略すべき目標の特徴や性質を知り、自分の特性を知って攻略することが勝利につながります。 愛弟子達のたくましい成長ぶりを目にして、創立者・大隈重信公も天国で泪を流しているに違いない。

10
を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

司馬懿(しばい) 司馬懿。 相手を知らずに戦う愚行 現地における習慣や体制を理解しないまま日本の管理基準を無理やり中国の現地にも適用しようとするのは、愚行以外の何物でもありません。 自分の人生において失敗を減らしたいと思うのだが、今までの自分を振り返ると失敗をして、そこから学んでいるケースがとても多い。

13
を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

(1)商才に長けている 大学の本分、それは学問である。 意味は次のとおりです。

19
を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を を 百 戦 敵 ず ば 知り 知れ 危うから 己 を

「大敵と見て恐れず小敵と見て侮らず」 意味: 強そうな敵や大勢の敵に恐れてはいけない。 詳細な例は挙げられませんが、他社が新商品を開発したにも関わらず過去の成功体験例 ヒット商品 のまま生産を続けて打開策を見いだせずに経営危機を招いたなどです。