妊娠線対策には予防が大切!実際に効果のあった方法をご紹介

絶対に妊娠線ができるのは嫌!妊娠線予防に成功したケア方法とは?

妊娠すると、自分でも驚くような体の変化が起こります。

つわりがやっと落ち着いてきたと思ったら、今度はおなかがだんだんと大きくなってきます。

大きくなるおなかを眺めていると、赤ちゃんが成長していることを実感して嬉しくなる半面、気になることも・・・

それが、妊娠線です。

妊娠中期くらい、まだおなかの出っ張りは気にならなかったときですが、なんだかおなかの皮膚が引っ張られるような感覚を感じたことがあります。

同時に、おなか周りの皮膚全体にかゆみを感じることが多くなりました。

これはもしかしておなかが大きくなり始めているのかもしれない、それで皮膚が伸びようとしているのかもしれないと思い、早速妊娠線対策を始めることにしました。

妊娠線を防ぐために、私はとにかく保湿することを心がけました。

妊娠線対策ですが、私はおなかだけでなく胸も対象にして対策を実施していました。

妊娠初期から胸がパンパンにはっていて、肌のつっぱりを感じていたからです。

調べてみると、妊娠線はおなかだけでなく胸にもできる可能性があるとのことでした。

一度妊娠線ができると消えることはない、ということも聞いたことがあったので、後悔だけはしたくないと必死でケアをしました。

赤ちゃんがおなかにいた勲章、と思うこともできるかもしれませんが、やはり気になるので。。

トイレや、お風呂の脱衣所、化粧台の前、ベッドの枕元等、ありとあらゆるところにオイルやクリームを置いておいて、それらが目に入ったらおなかや胸にたっぷりと塗っていました。

妊娠線専用のクリームがいろいろと売られていますが、私の場合はそれらは一切使いませんでした。

妊娠前からボディクリームやオイルが好きで、使いかけが多数あったためです。。

妊娠線専用のクリームの方が予防効果が高い可能性がありますが、保湿ができるという点ではもともと持っているクリームやオイルで十分役割を果たせますし、妊娠線専用クリームのお値段が結構高くて、なんだかもったいないなと思ったので、私は既に持っているお気に入りのクリームたちに託すことにしました。

そして、おなかの妊娠線に関しては、急激な体重増加によっておなかが急にでることもよくないのではないかと考えて、栄養バランスに気を付けた食事をとるようにしました。

急激な体重増加は妊娠高血圧症等のリスクも高めるので、よかったと思っています。

そのような妊婦生活を続けたおかげで、私は妊娠線が一本もできませんでした。

何が効果があったのかはわかりませんし、ただの体質かもしれませんが、保湿と体重管理は妊娠線予防のためにやって損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です