お 体 に お気 を つけ て お過ごし ください。 体調を気遣う言葉「お体に気をつけて」の使い方と類語

体 お過ごし を お ください に つけ て お気 体 お過ごし を お ください に つけ て お気

• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 」「体調に気をつけて、素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしください」といったように使われます。 「くれぐれも足元に気を付けて」を丁寧に言い換えた表現で、「足元」を「お足元」としたり、語尾に「~ください」と付け加えることで、失礼のないように相手に注意を促すことができます。

16
体 お過ごし を お ください に つけ て お気 体 お過ごし を お ください に つけ て お気

外部や目上の上司に使うよりもやや砕けた言い回しではあるものの、ビジネス感があり仕事場でしっくりくる表現になります。 「ご慈愛ください」と表すのは間違いなので注意してください。

4
体 お過ごし を お ください に つけ て お気 体 お過ごし を お ください に つけ て お気

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 コメントやお問合せは よりe-mailでお送りいただくか でお受け致します. 〇〇様もお体に気をつけてお過ごしください。

4
体 お過ごし を お ください に つけ て お気 体 お過ごし を お ください に つけ て お気

残念ながら、これだと 形式的で相手の印象に全く残りません! ビジネスメールの場合、どうしてもメインの内容に意識が集中してしまい、締めが形式的になっているケースが多いです。 「気をつける」は「ある物事を心にかけること」を意味します。 そのため新聞や公的な文章では「お身体に気をつけて」と表現することは間違いになります。

1
体 お過ごし を お ください に つけ て お気 体 お過ごし を お ください に つけ て お気

「体」の場合頭からつま先まで、つまり単純に体そのものを指します。

12
体 お過ごし を お ください に つけ て お気 体 お過ごし を お ください に つけ て お気

寒い日が続きますのでご自愛ください。

5