ビター チョコレート デコレーション。 ビターチョコデコレーション 歌詞 意味

デコレーション ビター チョコレート デコレーション ビター チョコレート

社会と隔絶した独自のルールやカーストが存在する閉鎖的学校。 「立つ鳥の後きっと糞のアート」これは「立つ鳥跡を濁さず」ということわざで、引き際は美しくあるべきという意味です。 最初のキーワードは「不信感」です。

13
デコレーション ビター チョコレート デコレーション ビター チョコレート

復讐の結末 「立つ鳥の後きっと糞のアート」 これは「立つ鳥跡を濁さず」ということわざで、引き際は美しくあるべきという意味です。 初めてしたのは "復讐 "だとも考えられます。 復讐をしても気持ちが晴れない様子が歌詞の"糞のアート"で表現されていると解釈できます。

デコレーション ビター チョコレート デコレーション ビター チョコレート

チョコレートコポーを半分に折り、立体的になるよう軽く刺すようにしながらバランスをみて飾りつける。

18
デコレーション ビター チョコレート デコレーション ビター チョコレート

主人公は死刑囚なのでしょうか? 外界との遮断 ・自我を晒さない ・話さない ・分からせない ・絶対口を閉ざさない ・笑わすより笑われる 1番の歌詞では、愛さない・信じないなど他人への期待をやめるように自分に言い聞かせていました。 それは自分自身が、信じてしまうから、愛してしまうから、期待してしまうから注意しているのではないでしょうか? 少年は過去に裏切られた経験があるからこう言っているのではないかと推測できます。 2 主人公はイジメられている お借りしました。

12
デコレーション ビター チョコレート デコレーション ビター チョコレート

目立たなさすぎても 目立ちすぎても 誰かの目に止まってイジメが始まる可能性があります。 最初の歌詞で出てくるワードには2つに意味に分けられます。

15
デコレーション ビター チョコレート デコレーション ビター チョコレート

そして罪をなすりつけられたとも考えられます。 うまい人付き合いの完成 【歌詞の意味】 ・軽いジョーク:冗談 ・リップサービス:口先だけの世辞 「どんな時も笑って愛嬌振りまくように」 歌詞からも、主人公はイジメられないように周りの顔を伺っている様子がわかります。 完全に自分の心を考えずに人付き合いの合理性だけを優先しているように感じます。

1