年金 は 何 歳 から もらえる。 いま50代の人は、何歳から年金が受け取れるのか

は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上げられ、平成12年の改正では生年月日によっての支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。

20
は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

Aさんの給料は20万円で、標準報酬月額は20万円です。 国民年金の受給開始は法律上は「65歳から」となっており「繰上げ受給・繰下げ受給」をしない限り、65歳から支給と決まっています。 具体的には下の図のとおりになります。

17
は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

この人に一定要件を満たす65歳未満の妻がいた場合は、さらに「加給年金」が受け取れます。 (もらえない)• 働き続けるのが難しい、あるいは仕事以外にやりたいことがあるといった場合には、65歳から年金を受け取る、あるいは繰り上げ受給により65歳より前に年金を受け取るのもひとつの選択肢です。

17
は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

所得があると減額される年金は何か• ・地方公務員共済…地方公務員(各自治体職員や公立学校の教員等々)のための共済年金。

は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

繰上げ・繰下げ受給の手続きをすれば年金の受給年齢が変わる 繰上げや繰下げの受給手続きをすれば、年金の受給年齢が変わります。 昭和36年4月2日よりあとに生まれた方(今、56歳以下の方)は、65歳にならないと年金はもらえません。 老齢厚生年金とは、要するに、厚生年金のこと 表の中にある 老齢基礎年金と老齢厚生年金って、国民年金と厚生年金とちがう年金のことなの? と疑問に感じませんか?• 男性:昭和32年4月2日~昭和34年4月1日( 63歳~61歳)• つまり純粋な老齢厚生年金(報酬比例部分)についてのみ、調整されることになります。

13
は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

・65歳前に受け取る厚生年金は、「報酬比例部分」と「定額部分」がありますが、生年月日によって、以下のように変化します。

は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

さらに妻の介護が必要になると、家計の収支の赤字幅は一気に拡大。 一般的に、自営業者などが加入する国民年金は60歳までの加入となり、それ以降年金額を増やすということはできません。 目安程度にお考えください。

は から もらえる 何 歳 年金 は から もらえる 何 歳 年金

厚生年金の加入期間が1年以上ある。 全員が加入している国民年金(基礎年金)=1階部分• 年金を繰り下げ受給する場合の注意点 年金を繰り下げ受給すれば、将来受け取る年金額を増やせるメリットがありますが、次のような点に注意が必要です。 なお、繰下げ受給の手続きは、65歳になった時点から全国の年金事務所で行えます。