フランケン シュタイナー。 フランケンシュタイナー

シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

ほんの木 【関連記事】• というかですね、受身うまいレスラーはフラケンかけられたとき、相手の足の力で落とされる前に、自分から猫みたく体丸めながら落下して、背中で綺麗に受身とるんですよ。 そんなスタイナー・ブラザースのファイトスタイルは破天荒そのものです。

シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

:ハレンチプレス• (おりりん氏製):マジカル・ヒップスタンプ(空中投げ)• :K通常投げ(首四の字固め)• 新日本プロレスに初登場したのは1991年のようです。 :秘密の花園• 朝日文庫 子安美知子著• ロープハング式フランケンシュタイナー [編集 ] エプロンからセカンドロープにもたれ掛かった状態の相手に対し、リング内から両足で頭部に飛びついて後方回転し、その勢いを利用して相手を脳天からマットに突き刺すデンジャラスな変形フランケンシュタイナー。

4
シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

以上がスコット・スタイナーが初公開した原型。 とても興味深いですよね。

17
シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

(釘をナナメに打ち込むのをイメージしてください) 「わざと投げられている」というのは半分正解です。 11月26日にはを破りを初戴冠。

16
シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

幼児期に体がしっかり成長することが、やがて、意志力とか行動力を生み出すための源になります。 マットに突き刺すというよりは、放り投げるタイプになったことで ティヘラと見分けがつかなくなっています。

19
シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

簡単な課題を与えると自信過剰になってしまう。 (Jaldabaoth氏製):通常投げ• しかしこんな事考えてプロレスなんか観てはいけません。

14
シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

足の力ってのは手よりも何倍も強いから、フラケンで足を自分の首にかけられたら、我慢して落下しないという手もあるけど、首にダメージがかなりくるし危ないね。 とよく混同されるが、どちらかといえばバク転の要領で軽やかに丸め込んでフォールする目的のと違い、フランケンシュタイナーは前進してくる相手の推進力を利用しつつ、自分の臀部(お尻)を支点にテコの原理でマットに相手の脳天を叩きつけてノックアウトさせるという点に相違があり、ウラカン・ラナのように回転後相手の足を抱えた形にはならない。 なぜかというと、相手の股下を抜ける前から相手の頭を足で強く挟んでいると、相手の体も回転についてきて、股下をすり抜ける前に相手が前につんのめる格好で倒れてしまうからとのコトです。

13
シュタイナー フランケン シュタイナー フランケン

まだ現役のようですね。 シュタイナー教育では、この4つの構成体が人間にはあるのだ、ということを前提にしています。 ビッグ・バッド・ブーティ・ダディ( The Big Bad Booty Daddy)• :M・リバースフェイスロック(相手を引き倒して顔に胸を押し当てる)• フランケンシュタイナー式腕挫十字固め [編集 ] のオリジナル技。

10