レオナルド ダ ヴィンチ 作品。 レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯と代表作・作品解説

作品 ヴィンチ レオナルド ダ 作品 ヴィンチ レオナルド ダ

レオナルドの完成している絵画としては、最初期の作品と見なされている。 晩年期は失意の中フランソワ一世の招きによりローマを去り、フランスへ向かったダヴィンチが同地で描き、本作と『』、『』の三作品は生涯手元に残した。 残された手稿の内容から判断すると、レオナルドはさまざまな主題を扱った科学論文集を出版する予定だったと考えられる。

2
作品 ヴィンチ レオナルド ダ 作品 ヴィンチ レオナルド ダ

また、メディチ家が主催するプラトン・アカデミーには、才能に溢れた若き哲学者の姿もあった。 赤外線分析 [ ] が1470年頃に描いた妊婦の肖像画『エスメラルダ・ブランディーニの肖像』。

20
作品 ヴィンチ レオナルド ダ 作品 ヴィンチ レオナルド ダ

『ダヴィデ像』の設置場所を決定する委員会は、レオナルド、ら多くの芸術家も参加した、総勢30名のフィレンツェ市民で構成されていた。

作品 ヴィンチ レオナルド ダ 作品 ヴィンチ レオナルド ダ

また、修道院長がレオナルドに作品の遅延について苦情を訴え、彼を怒らせたという逸話がある。

12
作品 ヴィンチ レオナルド ダ 作品 ヴィンチ レオナルド ダ

例えば『モナ・リザ』が浮かべる微笑は、口元よりも目の辺りを見たほうが、より印象的に見えるとしている。 2007年9月15日閲覧。

作品 ヴィンチ レオナルド ダ 作品 ヴィンチ レオナルド ダ

[ ]• 美しい少年を描いた習作も数多く存在する。 『モナ・リザ』はそれぞれ時代の流行に応じて、様々な額縁に収められてきた。

3