松永 拓也。 「私たち遺族のことは頭にないんだな」 池袋暴走事故公判、飯塚幸三被告への違和感: J

拓也 松永 拓也 松永

飯塚被告は10月の初公判で「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶している。 動画の最後には亡くなった家族の動画・写真とともに、 「真菜と莉子は確実に私とともに生きていました。

17
拓也 松永 拓也 松永

どうか身近な人を愛するように、車の外に向けても愛のある優しい運転をお願いいたします。

6
拓也 松永 拓也 松永

東京に住んでいた松永さんが、親族の集まりで沖縄に訪れた際、従兄弟の紹介で真菜さんと出会った。 自動車運転死傷行為処罰法違反で起訴された旧通産省工業技術院の元院長(88)の公判には、被害者参加制度を使って出廷する予定だ。 下: 「ふたりの命が同時に奪われてしまったという現実は、やっぱりなかなか受け入れがたくて、死んだほうが楽なんじゃないかと考えたこともありました」 そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、松永さん。

19
拓也 松永 拓也 松永

莉子を生んでくれたこと。 , 事故を起こした高齢ドライバーを憎みたくなる気持ちと、憎しみにとらわれる自分を天国の2人は望んでいないのではないかという葛藤……。 しかし、もうこの世にはいません。

2
拓也 松永 拓也 松永

その理由を、 「(1年の)猶予の間に心の準備、戦う準備、交通事故防止への覚悟、たくさんの支援者ができたからだと思っています。 松永さんは「実名報道するかどうかも、報道機関とどう付き合うかも、被害者遺族が選べるのだということを 皆様に知っていただきたいと思います」と強調した。 彼女と出会えたこと。

拓也 松永 拓也 松永

つくづく、あの場にいられてよかったと思うんです。