会社 法 改正。 会社法改正が今年の株主総会にもたらす影響とは?

改正 会社 法 改正 会社 法

なお、株主総会の招集通知に際して株主に議決権行使書面を交付する場合には、議決権行使書面に記載すべき事項について、電子提供措置をとることを要しません(会社法325条の3第2項)。 これにより、株主総会資料をウェブサイトに掲載し、株主にそのアドレスなどを記載した書面による招集通知を送ることで、株主総会資料を書面で送付しなくて済むようになります。

改正 会社 法 改正 会社 法

そのため、株主からの書面交付請求に備え、書面の資料を一定程度用意しておく必要があります。 政府は、この法律の施行後二年を経過した場合において、社外取締役の選任状況その他の社会経済情勢の変化等を勘案し、企業統治に係る制度の在り方について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて、社外取締役を置くことの義務付け等所要の措置を講ずるものとする。

5
改正 会社 法 改正 会社 法

新たに補償契約を締結するかどうかも、会社としての判断事項になると思われます。 2014年の第一次会社法改正では、「施行から2年が経過したころに、コーポレート・ガバナンスにかかる制度のあり方を検討すること」「必要があると判断した場合は、社外取締役を置くことの義務化など、措置を講じること」という附則の追加が行われました。

7
改正 会社 法 改正 会社 法

)305条1項)に基づき株主が同一の株主総会において提案できる議案数の上限を10としました(改正法305条4項)。 具体的には、取締役に報酬として付与する株式や新株予約権の数の上限が株主総会の決議事項となりました(改正法361条1項3号、4号)。 株主総会資料とは、株主総会参考書類、議決権行使書面、計算書類・連結計算書類および事業報告です。

9
改正 会社 法 改正 会社 法

この会社法第202条の2第1項の規定により募集株式を引き受ける者の募集を行う場合において、取締役等による役務提供が割当日後又は割当日前である場合のそれぞれにおける株主資本の変動額について定める規定、また、取締役等が割当日より前に提供した役務の対価として株式の交付を受けることができる権利である株式引受権に関する規定について、以下のとおり新設するほか、所要の規定の整備を行うことが提案されています。 この附則に基づいてさまざまな議論が重ねられた結果、2019年10月18日に会社法の改正案・整備法案が閣議決定され、12月4日に可決、成立となりました。 (3)書面交付請求のチェックポイント インターネットへのアクセスの困窮者に配慮し、電子提供の対象の情報についての書面交付請求権(改正法325条の5)が認められ、資料の書面送付が必要になる場合があります。

19
改正 会社 法 改正 会社 法

ただし、今回の改正内容のうち、株主総会実務に最も大きな影響がある株主総会資料の電子提供制度については、公布日から3年6か月以内の施行とされています(附則1条ただし書)。 (6)公開会社における募集株式の割当て等の特則 現行法では、公開会社は、有利発行でない限り、定款に定められた範囲内で、取締役会決議によって募集株式の発行の決定ができ(現行法201条1項)、募集株式の割当てについても原則として取締役会で決定できます(現行法204条2項)。 取締役の報酬等の決定方針として、すでに一定の方針を定めている企業であっても、改正会社法を踏まえて、既存の方針で十分といえるのか、内容についての変更や拡充を行う必要がないのかどうかについて、取締役会において議論することも考えられます。

5
改正 会社 法 改正 会社 法

1.はじめに 会社法改正案は一部が国会で修正され、2019年12月11日に改正会社法が公布されました。

13
改正 会社 法 改正 会社 法

また、改正会社法では、取締役報酬議案の提出に当たって、その報酬等を相当とする理由の株主総会における説明義務は、不確定額または非金銭である報酬等だけではなく、確定金額の報酬等も対象とするものとされました(改正会社法361条4項)。

18
改正 会社 法 改正 会社 法

改正法のうち株主総会資料の電子提供制度は、同日より3年6か月後の2023年6月頃から施行されますので、同月の株主総会から制度として利用できます。 大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。 まとめ 株主総会実務との関係でも、取締役の報酬等の規律の見直しに伴い、報酬関連事項の事業報告への記載事項が拡充され、株主総会当日における取締役の説明義務が重くなるものと考えられます。

6